あさかぜ鉄道ニュース

『大手』から『ローカル』まで幅広く特集する鉄道情報ブログ

JR九州、営業列車での自動列車運転装置の実証運転を12月24日から実施。

f:id:asakazetrainnews:20201222232000j:plain

画像: 819系(DENCHA)

※画像の819系は福北ゆたか線です。

JR九州は、自動列車運転装置による車両制御の安定性を確認するため、当面の間、運転士が乗務した状態の営業列車で、自動列車運転装置を用いた自動運転を行うと発表しました。1224香椎線9:00西戸崎駅行の香椎駅出発時から実施されます。

 

 

JR九州公式サイトによると、ホームドアがない区間、地上区間での自動運転はこれまでに例がありますが、踏切がある区間での自動運転は国内で初めてとなるそうです。

 

 

 

また、2021 年度末までに運転士が乗務した状態で、自動列車運転装置を用いた営業運転の区間拡大・対象列車拡大を目指すとしています。

 

 

 

尚、自動列車運転装置の実証運転に使用される車両は、819(DENCHA)で、初列車出発前に香椎駅にて出発式を行う予定です。

 

 

 

自動運転による運行の効率化・労働人口減少による影響の軽減に期待出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

画像引用元:photo AC

www.photo-ac.com

 

 

《編集者から皆様へのお願い》 これらの『あさかぜ鉄道ブログ』の記事は全て私(編集者)1人で執筆しています。その為、少々誤字脱字や、編集者のスケジュール多忙により投稿記事が1つも無い日があります。ご了承ください。尚、誤字脱字は各ニュース記事下に表示される[コメントを書く]フォームにてご連絡ください。早急に訂正致します。