あさかぜ鉄道ニュース

『大手』から『ローカル』まで幅広く特集する鉄道情報ブログ

東武鉄道、真岡鐵道で運行していたSL【C11形325号機】を7月30日に譲受。

f:id:asakazetrainnews:20200720221249j:plain

画像: 真岡鐵道 SL C11形325号機


東武鉄道は、真岡鐵道で運行していた
SLC11325号機】を730日に譲受することが決定しました。さらに、SLの譲受に合わせDLと客車の体制も整え2機体制を確保し、乗車機会の増加を図ります。

 

また、このSLC11325号機】の東武鉄道内での営業運転開始時期は、202012月を予定しています。

 

 

今回の譲受により、現在鬼怒川線で運行しているC11207号機が検査などにより長期間運行できない場合でも、年間を通して SL運行が可能になります。また、他線区でのイベント運転等の検討も可能になります。

 

 

尚、このC11325号機は、2019121日に真岡鐵道線でラストランを行い、現在、JR東日本大宮総合車両センターにおいて検査中とのことです。

 

 

 

《編集者から皆様へのお願い》 これらの『あさかぜ鉄道ブログ』の記事は全て私(編集者)1人で執筆しています。その為、少々誤字脱字や、編集者のスケジュール多忙により投稿記事が1つも無い日があります。ご了承ください。尚、誤字脱字は各ニュース記事下に表示される[コメントを書く]フォームにてご連絡ください。早急に訂正致します。