あさかぜ鉄道ニュース

『大手』から『ローカル』まで幅広く特集する鉄道情報ブログ

JR東日本、宇都宮線・日光線に新型車両E131系を導入。

f:id:asakazetrainnews:20210617181244j:plain

引用元: JR東日本公式サイト


JR
東日本は、宇都宮線(小山~黒磯駅)日光線(宇都宮~日光駅)に、新型車両「E131系」を新造・導入すると発表しました。営業運転開始は2022年春頃を予定しています。

 

 

 

この新造車両E131系は、宇都宮線の小山~黒磯駅間と、日光線の宇都宮~日光駅間に導入されます。

 

 

 

新造車両の導入により、宇都宮線日光線の車内の快適性向上、乗客への情報提供の充実が期待出来ます。

 

 

 

この新型車両E131系の大きな特徴は、既存の205系車両には無かった乗降確認カメラの設置等、ワンマン運転に対応した機器を搭載しているという点であり、それにより、従来よりも効率良く運転することが可能となります。

 

 

f:id:asakazetrainnews:20210617181715j:plain

画像: 車内イメージ

引用元: JR東日本公式サイト



 

さらに車内には液晶ディスプレイが設置され、運行情報等を素早く把握することが可能になります。

 

 

 

 

車両の外観デザインは、日光らしいレトロ調で、側面の帯には宇都宮市で復元された火焔太鼓の山車をイメージ した黄色と茶色の2色配置として世界遺産日光の社寺に施される文様にも通じる、賑やかで高級感のあるデザインとなっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像引用元

JR東日本ニュースリリース

https://www.jreast.co.jp/press/2021/omiya/20210617_o05.pdf

《編集者から皆様へのお願い》 これらの『あさかぜ鉄道ブログ』の記事は全て私(編集者)1人で執筆しています。その為、少々誤字脱字や、編集者のスケジュール多忙により投稿記事が1つも無い日があります。ご了承ください。尚、誤字脱字は各ニュース記事下に表示される[コメントを書く]フォームにてご連絡ください。早急に訂正致します。